妊活

妊活時に必要な栄養素とは?

OK

妊活を始め、意識、行動し始める中の一つである食事。

妊活中の体にどのような影響を与えるのか、そんなに気にしなくても大丈夫なのか。

野菜、お肉、魚、などバランス良くとったほうがいいものの、なかなかそこまで手が回らない方も多いかと思います。

私もフルタイムで働いていますので、そんなご飯に時間かけていられないですが、頭の片隅には、もっと栄養とらないといけないんだろうなと思いつつも、この料理セーフかな!と自分に甘い日もありますが、できるだけ栄養バランスに気をつけています。

私のリアルタイムの私の食生活をお伝えしていきます。

妊活中の食事で気をつけていること

私が気をつけていることは、①3食必ず食べること、②野菜をとる、一日1個何か果物を食べること、③添加物が多そうなもの(カップ麺、レトルト食品、冷凍食品)はなるべく控えることを気をつけています。

3食必ず食べること

添加物

まず「①3食必ず食べること」に関してですが、昨年結婚式もあり、ダイエットの一環で酵素ダイエットをしていました。

朝は酵素のみ、お昼は食べたいものを食べ、夜は軽めにとるという生活を送っていました。

その生活を3か月ほど続けると、怖いことに酵素生活になれ、気付けば朝は何も食べなくても平気。昼も夜も軽めで動ける体になってしまっていたのです。

妊活をはじめ、食生活を見直す中で、朝を抜くと空っぽの胃に一気に負担がかかるような気がして、やはり朝の食事をとったほうができるだけ多くの食品が取れるし、身体への負担も減るということで3食生活にしました。

今まで朝食らしき朝食をとってませんでしたので、最初は食欲もなく、食べると胃がむかむかする一方だったのですが、朝食をみそ汁にすると、飲み物のようで、抵抗がなかったので、味噌汁を飲むことになりました。

野菜をとる、一日1個何か果物を食べること

果物

果物は高いとイメージが強く、今までは我が家の冷蔵庫に入っていることはほとんどありませんでした(笑)

野菜・果物を食べるようになったきっかけは、栄養バランスです。6大栄養素を考えたときに、果物と野菜がとれてないことに気づき、買い物で意識して買うようになりました。

バランスの良い食事を心がけてもなかなかうまくいかないものです。ついつい自分の好きなもの、好きな系統に流れてしまうので、これ食べたいなとメニューを思い浮かべるのではなく、材料を先に買って、この材料をどのように調理するかというように手順を変えました。

レシピのレパートリーが少ない私にはストレスでしかありませんでしたが、徐々に慣れていき今では以前に比べバランスが良い食事をとれていると思います。

妊活中は血のめぐりが悪いと、妊娠の妨げになると調べてわかったので、血を作る鉄分をしっかりとれるよう、血液がさらさらになるような食品を意識してとるようにしました。

卵、ひじき、ノリ、レバー、玉ねぎ、ネバネバ系(納豆、オクラ、長芋など)、サバなどを意識して食べるようになりました。

添加物の多いものをなるべく控える

仕事が遅くなってしまう日は外食したり、お惣菜を買って帰ることが多々あったのですが、なるべく自炊するように心がけました。

お惣菜を買って帰るときには、何かひと手間加えて食べるようにしてました。例えば、生野菜を添えたり、炒めなおしたり、味噌汁を追加したりとできることはやっています。

自炊を心がけてますが、毎日ご飯を作るとたまには外食したい!今日はカップ麺が食べたい!という日が出てきます。その時は我慢するのではなく、食べてます。

毎日食べると体には良くないと思いますが、たまになら良しとして自己ルールを作ってます。

上記のように、食生活を見直し、改善してから半年経ちます。

いまだに妊娠はできてないですが、以前の体と比べ、健康的な体になったと自分でも実感できます。

妊活は健康的な体が最高な状態だと思います。

いいに越したことはありません。

妊娠力アップの体づくり、これからも頑張っていこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です